シリコン配合のシャンプー・コンディショナーについて

シリコンとは?

シリコン(正確にはシリコーン)は、ケイ素などを材料に作られる人工物です。シリコーンオイル(シリコーン油)とも言われ、従来にはない性質を持った油分とも言えます。
スキンケアやヘアケアに広く使われ,髪に対しての作用は、キューティクルに付着しコーティングして、手触りの向上やツヤを出すなどの効果があります。

しかしその効果は髪をコートするだけで、髪を補修したり、浸透して保湿するような効果はありません。
シャンプー・リンスを使っていて、最初は良かったものの継続して使っていると次第に「仕上がりが悪くなってきた」「髪が重くなった」「髪がベタベタするようになった」という場合シリコンの影響の可能性が高いです。

これはシリコンの被膜が蓄積され、厚くなる為です。

また、シリコンは疎水性(そすいせい)の物質に付着しやすい性質を持っています。

従ってシリコンは水を弾くような健康毛に付着しやすく、水を吸収しやすい痛んだ髪の毛ほどシリコンが付着しずらいと言えます。

シリコンのパーマ、ヘアカラー、トリートメントへの影響は?

シリコンは毛髪の表面をコーティングしますが、パーマやカラーの薬剤はアルカリを使用しますので、毛髪を膨潤させキューティクルを十分に開く事が出来ます。従って大きな影響はありませんが、シリコンの種類や薬剤のph値(ペーハー)が低いと、効きが弱い場合があります。

しかし、トリートメントに関してはph値(ペーハー)が低いので、シリコンでコーティングされている毛髪には浸透しにくく、タンパク質等を補う事は出来ません。

特に、当店の『ナノケラチンストレート』はph値が低く、酸性のトリートメントの為、ケラチンタンパク質が毛髪に浸透せず効きが弱くなります。

シリコンの見分け方

シリコン剤、コーティング剤が入っていないシャンプーを使おうと思っても、表記名には通常「シリコン」とは書いてありません。
しかし、ほとんどのシャンプーやトリートメントにはシリコンが入っています。
シャンプー・コンディショナーの容器の裏に、成分が表記されております。代表的な表記名にはこのようなものがあります。
シロキサン ・シクロメチコンジメチコン・シクロペンタシロキサン・シロキ・ジメチコノール・ジメチコンポリオール・シリル化ケラチン・ジメチコノール・クロスポリマー・ポリマー・ジメチコン

以上の成分が表記されている場合、シリコンが配合されている商品です。

シャンプー・コンディショナー等の成分表示

シリコン表記

FACEBOOK
2015-06-23 | Posted in ナノケラチンストレート(トリートメント)Comments Closed 

関連記事